>

チューターの活用

チューターの活用

留学のときに問題になるのは、言葉の壁ということができるでしょう。この時、チューターを活用するのがお勧めです。

 

 

 

チューターとは、大学生が多いですが、英語をバイト感覚で教えている人がいます。彼らと話をすることによって、実践的な英会話の仕方をマスターしていくといいでしょう。自由に話をすることができますので、英会話のスキルアップを目指す人には最適です。

 

 

 

先生と話をするという方法もありますが、時間的に制約があります。また先生と話をするといっても、それほどフランクに話をすることは難しいかもしれません。クラスメイトと話をするという方法もありますが、1対1なら問題なくてもグループの会話になると、なかなかとけ込みづらいところが出てくるかもしれません。

 

 

 

クラスメイトと話をするとっかかりをつける意味で、チューターを雇うという方法はありなのです。チューターは、1時間10ドル程度出せば、けっこう簡単に見つかります。ですから探してみるといいでしょう。